大人のADHD
  1. ホーム>
  2. 大人のADHD

大人のADHD

当院では、大人の発達障害 ADHD 注意欠如/多動性障害に対する 診断、治療を行っています。
このような症状はありませんか?

  • 不注意・記憶の問題
     覚えが悪い、なかなか集中ができない、整理整頓が苦手
  • 多動性やおちつきのなさ
     同じ作業を長時間できない、おちつきがなく動きまわる
  • 衝動性、情動不安定
     衝動的におもいつきで行動してしまう、気分がたびたびかわる
     人にたいしてしばしばイライラして怒ってしまう

このような場合は、当クリニックへご相談ください。
 おとなのADHDの場合は教育や職場における達成度の低さ(仕事が能率よくできない、学業があまり伸びないなど)や職を転々とするなどの不安定就労なども問題となることもあり、早期の発見と診断そして対処法を検討する必要があります。

治療方法

治療としては、主に薬物治療と心理社会的治療があります。
正確に診断や検査が出来れば、薬物治療はかなり効果が高いことが分かっています。
当院では薬物治療のみおこなっております。

薬物治療

現在、ADHDに対し適応のあるものは、アトモキセンチンと徐放性メチルフェニデート製剤があります。

● アトモキセチン

 神経伝達において、神経伝達物質であるノルアドレナリンの再取り込みを阻害し、ノルアドレナリンの量を増やすことで、効果を及ぼすと考えられています。
 速効性はありません。服用開始2週間くらいから徐々に効き始め、6~8週目で効果が安定してきます。そして、一日をとおし途切れることなく効果が持続します。

● 徐放性メチルフェニデート製剤

 脳の中枢神経をを刺激して覚醒させる作用により、ADHDの人がセルフコントロールできるように助けます。 神経伝達物質のドパミンやノルアドレナリンの活性化が、諸症状の改善につながると考えられます。
 速効性と持続性をあわせ持つのが特徴です。約12時間効果が持続しますので、朝1回だけ飲めば、学校や職場での昼間の服用がはぶけます。

[ページトップへ]

診療案内
日曜診療しております
診療日・診療時間
月・木・金曜日 10:00~13:00
15:00~20:00
土曜日 9:00~12:00
13:00~17:00
日曜日 9:00~12:00
休診日 火・水
祝祭日
予約・お問合せ
TEL 03-5731-3833
〒145-0062
東京都大田区北千束1-48-2
柴田ビル3F